抱っこ紐、使いこなせていますか?

 

おはようございます

女性と子供の為のコンディショニングサロンBisouのひらがゆかりです

 

午後は暖かくなりましたがまだ朝は冷えますね

大量に買い込んでしまった暖炉の燃料消費のため、積極的に朝は暖房していますf^^;

 

さて、皆さんは抱っこ紐は使っていますか?

核家族になり、育児と家事を平行したり、兄弟を見ながらの赤ちゃんのお世話になると

抱っこ紐ありがたいアイテムですよね

 

でも、どうやって抱っこ紐を選びましたか?

 

 

・楽って書いてあったから

 

・みんなが使ってるから

 

・試して見たらよかったから

 

・お友達の勧めで

 

 

色々あると思います

 

 

でも本当にお母さんと赤ちゃんの体に合っているでしょうか?

 

 

 

抱っこ紐はどんどん進化して色々な便利アイテムまでくっついたりしていますね

キャッチコピーを見るとどれも素敵そう・・・

 

 

が、体に合ってないと体を壊す原因にもなります!!

 

 

 

 

 

よく見かけるのは赤ちゃんの位置が低い方

落下事故にもつながりますし

お母さんの腰や肩への負担も大きいです

 

 

 

そして赤ちゃんが伸びきっていたり、反っている方

抱っこはほぼ毎日します

習慣で体は歪んでしまうこともあります

 

 

せっかくスリングを使っているのに赤ちゃんが埋もれている方や滑っている方

スリングはベビーキャリーと違って少しコツがいります

コツが分かればとっても居心地の良いものです

 

 

番人に合う抱っこ紐は多くありません

もう一度しっかりサイズなどを見極めたり

メーカーの使用方法をよく読み、正しく使いましょう

 

 

 

赤ちゃんが楽にいられる姿勢で

なおかつお母さんも楽に抱っこできる

そんな使い方を目指したいですね

 

 

 

でも、根本的にお母さんの体に痛みがある場合などは

どんなに道具を駆使しても痛いです・・・

 

その場合は早めの受診やメンテナンスをお薦めします!!

 

 

そこからどうやって抱いたらいいか、ぜひご相談くださいね

抱っこの仕方で痛みを繰り返さない事ももちろん可能ですよ

 

続きを読む 0 コメント

バースあおばにお邪魔してきました!

こんにちは

女性と子供の為のコンディショニングサロンBisouのひらがゆかりです

本日珍しく2回目の投稿!

 

今日はお天気が良くて本当に気持ちいですねー

ずっとこんな日が続いたらいいのになぁと思ってしまったり

 

でもたまにだからこそ有難いんですよね、きっと

 

 

さて、皆さんは『助産院 バースあおば』

ご存知ですか?

私は残念んがら自分がお産をするときには知らなかったのですが

 

とっても素敵な助産院です

 

自分で産むことを応援してくれる

出産だけを手伝ってくれるのでなく

女性として母になるものとして、心から支えてくれる

そんな場所だと思いました

 

そんな助産院にお話を伺いに先日お邪魔してきました

 

院内はアットホームで子供さんや赤ちゃんの声が聞こえていました

 

代表である柳沢さんがお話を聞いてくださったのですが

自分の力で埋めることの素晴らしさや

一緒に生んだ仲間たちと共に育っていける喜びをたくさん教えていただけました

 

私の願いも同じです

 

医療に頼り切って産むのではなく

自分の力で育て産む、その力をどうやってつけていくかが大切だと思います

 

 

今は便利な時代です

 

移動には車や自転車があり、ベビーカーがあり

掃除、洗濯、食器洗いと全部機械が手伝ってくれます

 

でもそんな代償は必ず体に現れます

 

便利と引き換えになくしたもの、我が子を産もうと思った時に気づかされました

 

 

助産院バースあおばでは妊婦さんとピクニックへ行ったり

運動を積極的に行ったり

自分で産む力を取り戻そうと頑張っていらっしゃいます

 

あぁ、もし3人目があればぜひお世話になりたいなー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bisouは女性と子供の為のコンディショニングサロンです。

産前、産後の腰痛や肩こりにより思うように動けない、そんな症状や尿漏れ、生理痛、など病院では治療に至らない症状だけれど辛い・・・そんな悩みを一緒に考えていける場所です。

子育てによる疲労で骨盤ケアなどがままならない日々。子供と一緒にサロンへ行って、ちょっとゆっくりしませんか?

横浜市青葉区にサロンはありますが、青葉区に限らず、都筑区、緑区、あたりでしたら出張もお受けいたします。(別途交通費がかかります)子連れでのお出かけが大変な方はこちらもご利用ください。

 

また、発達に合わせたベビーマッサージやベビーサイン、そしてお子様の発達相談も承っています。健康診断では問題ないと言われたけれど気になるなぁというお子様の様子がありましたら是非ご相談ください。

 

 

 

 

 

2人目育児。育児には慣れてはきたけれど、癒しも欲しいな

こんばんは

女性と子供の為のコンディショニングサロンBisouのひらがゆかりです

 

昨日から夫の仕事が大変そうなので

実家に3人で避難中

 

従兄弟と遊んだり、じいじ、ばあばにたっぷり甘えて

子供たちは楽しそうな週末です

 

 

我が家もそうですが、2人目や3人目の育児は

子育てに慣れてはきているけれど

また違った大変さがありますよね

 

 

我が家で大変だったのは、2人同時の抱っことおんぶの要求や

寝かしつけでの両腕の腕枕

などなど・・・

 

(もちろん2人の喧嘩や異なる要求などこっちが泣きたくなることは他にもありましたが・・・)

 

 

そんな大変さも少しの工夫で少しだけ楽になることもあります

 

2人抱っこはベビーキャリーとスリングを併用してみたり

兵児帯とベビーキャリーを


同時に使うことで子供たちの要求に応えることも出来ます

 

また、寝かしつけではどうしても両腕が上がりっぱなしで

腕が痺れてしまったり、肩が冷えてしまうことで肩こりが酷くなる事もあるのですが

肩甲骨を下げて脇を開きすぎないように腕枕をする事で痺れにくくなったり

枕の高さを調整する事で肩こりが緩和されます

 

添い乳で寝る赤ちゃんには、ママも飲ませようとして自然と背中を反ってしまい

朝起きると腰痛になる事もありますが

足に抱き枕をして、体重を前に委ねられると

腰の負担はぐっと軽くなります

 

どうしても1人で生活しているわけではなく

2人、3人と一緒に生活をしているわけなので

抱っこや添い寝で身体のキャパシティは超え、疲労は溜まりやすくなります

 

そこでちょっとした生活の工夫を加えたり

身体のメンテナンスをする事で

日々を超えていけるのではないかな、と思います

 


生涯を通じて身体のメンテナンスは大切で

その術をみなさんにお伝えし、自分で整える事を目指していただきたいのですが

育児の時期はどうしてもキャパオーバーになることと

メンテナンスに時間を割けないことから

誰かの手を借りてメンテナンスする事も必要かな、と思います

 

身体を変えるきっかけづくりはもちろんですが

この時期だけは心も身体も癒しを求めるメンテナンスもありかなぁと感じています

 

と私が癒してほしくて思っちゃうのかもしれませんけど(^^)

 

ママの笑顔は家族の幸せの元!!

と思っています

 

なので、ママが笑顔でいられるように、お手伝いできればと思います

 

 

 

 

*******************************************

 

全7回コースとし、初回は体験も兼ねて、1000円で受講可能ですので

まず1回目をお気軽にお試しください

 

教材の購入は2回目以降のクラスを継続してくださる方のみとなり、2回目のレッスン日にお渡しいたします

 

 

【日時】3月17日より毎月第3金曜日

    10:30〜11:30

    

【対象】おすわりが出来るようになった頃〜1才6ヶ月までの赤ちゃんとお母さん

    ハンディをお持ちの赤ちゃんはこの限りではありません。ご相談ください。

 

【費用】初回 1000円  

    2回目以降 2300円(一括、もしくは半期払いでお願いいたします)

    キャンセル時は返金いたします

   

    別途教材費5400円がかかります

 

【場所】Bisou サロンにて行いますので、詳細はお問い合わせください

    お車でお越しの方は1台分ご用意がありますので事前におしらせください

    先着順とさせていただきます

 

【お申し込み】お申し込みフォームよりお願いいたします

 

 

たくさんの赤ちゃんとお母さんにお会いできるのを楽しみにしています!!

 

 

 

 

*横浜市(青葉区・都筑区・緑区)の理学療法士による予防ケアサロンです。病院や治療院で診てもらえなかった根本的な身体のケアを行なっています。産後の骨盤ケア、尿もれなどの女性のトラブルや育児による肩こりや腰痛、抱っこの仕方などもお気軽にご相談ください。お子様の姿勢や運動、身体の歪みにもご相談承ります。

 


0 コメント

身体が軽くなりました!!

おはようございます

女性と子供の為のコンディショニングサロンBisouの

ひらがゆかりです

 

断食を終え、3日目の朝です

 

断食を終えてからは胃腸がびっくりしないように

重湯からゆっくりと食事を進めていくのですが

断食中以上にお腹が空きますw

 

胃が動き出して食欲が活発になるんでしょうね

 

でもここでがっつり食べてしまっては胃の負担が増加・・・

我慢のしどころです

 

そして何よりの結果は・・・

 

 

身体が軽い!!!

 

びっくりします!!

 

疲労感などもなく、むしろ動きやすいくらいです

メイクののりも良くなったり

 

 

回復食を作るのが離乳食を作る手間くらいかかってちょっと大変でしたが

(子供の為と思うと頑張れるけど、自分の為と思うと頑張れない性分でして・・・)

それを除けばいいことだらけ!

 

副産物として体重も3キロちょっと減っていました

 

まぁ胃に物が入れば戻る程度の現象かもしれませんが

この重さだけ胃腸が休めたのかなと思うと嬉しくなります

 

これで胃腸も正常化して、活発に動いてくれることでしょう!

体は外からでだけでなく、中から変えることもとっても大切です

 

是非クリスマス、お正月の食事が落ち着いた今、食事を見直してみませんか?

免疫力もアップするので、インフルエンザ対策にもバッチリですよー!!

 

 

 

 

 

 

 

Bisouでは全ての年代の女性と子供に健康で自分らしい暮らしを・・・と願っています

 

病院へ行ったけど問題ないと言われてしまった方

 

いつまでも薬ばかりに頼りたくない方へのもう一つの選択肢として

 

また、産後の骨盤のケア

 

育児での腰痛や肩こりなど、整形外科に行くほどではないけど辛い方や

身体がちょっと楽になる育児の方法などをお伝えしています

 

 

また、

 

座っていられない

 

集中力が続かずご飯が完食できない

 

習い事へ行っても興味がそれてしまう

 

よく転んでしまう

 

歩き方がなんか違和感・・・

 

などなど病院では問題ないけどきになることって多いですよね

 

そんな悩みを一緒に考え、身体を整えていくお手伝いができればと思っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

プチ断食はじめました

おはようございます

女性と子供の為のコンディショニングサロンBisouの

ひらがゆかりです

 

ここ数日寒い日が続いていますね

手がかじかんで、ミスタイプが多い朝です・・・

 

 

そして昨日から「プチ断食」はじめました

 

冷やし中華ではありませんw

 

 

プチ断食とは・・・

 

断食とは、一定期間食事を意図的に絶つ行為のこと。

断食をすすめる医師の多くは、現代人は毎日毎日必要もないのに三度の食事をすることによって、かえって健康を損ねているとも言います。

プチ断食には新陳代謝を良くする、脂肪が燃焼しやすい、便秘をなくすといった、健康的で痩せやすい身体にする効果があります。

断食は、自然治癒力のみで、大方の病気を
治してしまうという、スグレ物の健康法なのです!

 

医療先進国ドイルのことわざに

「断食で治らない病気は医者も治せない」

なんてのもあるくらい・・・

 

医療の話題でも栄養や断食は注目されていて

去年からずっと気になっていました

 

それを昨日からスタートしました!

正しくは一昨日から・・・

 

と言うのも断食前には準備食と言って体の負担にならないもを食べて

断食に備えるんですって

 

どんな結果になるか分かりませんが

まず3日、頑張ってみます!!

 

 

 

0 コメント

ベクトルはどちらを向いていますか?

こんにちは

女性と子供のためのコンディショニングサロンBIsouの

ひらがゆかりです

 

 

皆さんのベクトルはどちらを向いていますか?

 

って何のベクトル?

 

って感じですよね・・・

 

 

今回は感覚の話です

人には外に向ける感覚と自分の中に向ける感覚があります

 

そのどちらも大切なのですが、私は特に自分に向ける感覚を大切にして欲しいなと思っています

 

普段の生活はついつい外に感覚が向きやすいです

温度や、味、触れる感じ、匂い、光、人の言葉、などなど刺激はたっぷり!

それを感じ、日々生活しています

 

 

 

では身体の声は聞いていますか?

 

 

 

今、身体が欲している食べ物は何か

身体のどこか疲れているのか

骨格がどっちを向いているのか

重心がどこにあるのか

手足の温度はどのくらいか

そして今落ち着いているのか、興奮しているのか

幸せなのか、怒っているのか・・・

 

 

 

自分に感覚が向いていないと

 

気がつくと疲れていたり

痛みが出たり

体が冷えていたり

骨格が歪んでいたり

イライラしていたり・・・

 

 

 

酷くなる前に気がついていれば、そこを補うことができます

また、自分で整えることもできます

 

でも、自分の中の感覚を感じていないと

その変化に気づくことができず

痛みや疲れを酷くなり症状となってから知る事になるのです

 

また、自分の中へ感覚が向いていない方は

コンディショニング前後の変化も感じにくい事が多く

なかなか自主メンテナンスも定着しません

 

自分の中の感覚へ意識を向け

今何が必要か

どう変化しているのか

感じる事が良い状態を保つ第1歩です!

 

ぜひ、自分の中の感覚へベクトルを向けてみてくださいね

 

 

1月20日午前、 27日午後 まだ空きがあります!

お気軽にご相談ください

 

0 コメント

欧米人は〇〇にお金をかけ、日本人は○○にお金かける

おはようございます

Women's & children's life conditioning salon Bisou

の ひらがゆかりです

 

毎朝冷えますね・・・

子供達も寒いのか(やっと寒さを感じてくれるようになったと言うか・・・)

両サイドからぴったりとくっついて寝ています

お陰で寝返りを打てずに朝まで・・・

起きるとぐったりしている私です

 

 

さて、今朝のお話は何にお金をかけるのか

と言うお話です

 

正解は

『欧米人は健康にお金をかけ、日本人は病気にお金をかける』 です

 

日本人は世界一の長寿国であり、少子高齢化が進む国ですよね

なので誰もが健康を意識しているかと言うとそうではないんです

 

むしろ日本人の健康意識は34カ国中34位!(2011年OECD調査)

 

健康に意識を向けずに高齢化を迎えている国なんです

でもなぜ長寿国かと言うと

寝たきりでも長生きされているご高齢の方がとっても多いからなんです

 

日本は医療も進んでおり、病気で亡くなることがとても少ない国です

病気を持ちながらも医療的にケアすることで長生きすることが可能となっているのです

 

でも本当にそれでいいのでしょうか?

 

自分らしく、やりたいことがやれて長生きが理想ではないかと思います

 

健康に意識を向け、健康を維持するためにお金を使う欧米人に対し

日本人がお金を払うのは医療費です

 

病気になってから健康の大切さを知り

健康を取り戻すためにお金を使う・・・

 

けれど病気になってしまってからでは元の体に戻れることは多くありません

 

医療制度が整い、保険制度が整っているからこそ

それに甘えてしまう私たちではありますが

もう一度人間として、どうやって生きていくことが理想かを考え

何に大切なお金を費やすか

考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

ちょっと高いけれど安全な食材を食べる

 

手間は掛かるけれど自分で調理する

 

足りない栄養素をサプリで補う

 

軽い運動をする

 

身体をメンテナンスする

 

 

そんな時間やお金の使い方

未来のためにしてみませんか?

 

 

新年は1月6日よりスタートします!

午前1枠まだ空いていますので

ぜひご連絡くださいね!

 

 

 

 

 

 

0 コメント

抱っこ紐、正しく使っていますか?

今日は

今日は雪ですね

11月に雪とはびっくり!

 

主人の車もまだスタットレスに履き替えておらず

今朝はちょっとドキドキしました

積もらないといいのですが

 

でも子供たちは雪がとっても嬉しいようで

朝からびしょ濡れで遊んでいました

 

今日は息子の保育園でスケートに行く日だったのですが

スケートより雪がいい!と

待ちに待ったスケートだったのに・・・

 

そして今日のタイトルのお話

 

抱っこ紐はもう出産と同時に準備する方も多い、定番アイテムになっていますよね

でも街を歩くママたちをみても

使い方、だいじょうぶかしら??

と思う方も多いです

 

また、誤った使い方で赤ちゃんが落下する事故も多発しており

最近では安全ベルト付きの抱っこ紐が販売されていたりしています

 

でも安全ベルトって本当に必要?

と私は思ってしまいます

 

なぜかと言うとそもそも使い方が正しくないので落下しているのですから

安全ベルトをつけても

結局使用せずに抱っこしてしまう方も多いのです

 

なので、それよりも、より多くの方に正しい使い方を知ってもらう活動に

力を入れたらいいのになぁとねげって止まない日々です

 

 

そして正しい使い方は赤ちゃんの落下を防ぐだけではありません

ママの身体も楽にしてくれるのです

 

と言うよりも、そのままでは腰痛はもちろん

身体の変形も引き起こしかねません

大切な時間である抱っこが、ママにも赤ちゃんにも歪みの原因になってしまっては残念です

 

 

 

抱っこ紐の紐の長さ

ベルトの位置

赤ちゃんの高さ

 

 

これらは適切でしょうか?

 

赤ちゃんを抱っこした時に、あまり下すぎるのは良くないです

赤ちゃんのおでこにチュッとできるくらいの高めの位置で抱っこしてあげてください

 

そうすることで事故も疲労感も全然違いますよ!

 

 

パパと一緒に使っていたり、兄弟で使っているのに、調節していなかったりしませんか?

 

姿勢や体型でも心地よい位置は異なります

 

是非身体に合った使い方で、赤ちゃんもママも居心地よく過ごしてくださいね

使い方や設定がわからないと言う方は、是非ご相談ください!

 

 

 

 

 

 

0 コメント

woman's health care forum

今晩は

 

久しぶりの夜の投稿

今日はちょっとお仕事のお話をして来たので

帰宅が遅くなりました

 

とっても話が盛り上がり

気がつけばこんな時間に・・・

 

身体の話は面白くって

時間を忘れてしまいます

 

そんな話はまた後日詳しく

 

 

日曜日も久しぶりに勉強をしに都内まで行ってきました

 

女性の身体を考えるためのフォーラムで

朝から夜までたっぷりと勉強しました

 

身体は本当に奥が深く、勉強してもしてもしたりないですね

 

 

 

今回興味深かったのは栄養の話

つわりをしない食生活や妊娠しやすい食事を教えてもらいました

 

私2人目の時はつわりが酷かったので

この話、もっと早く知りたかった・・・

 

これから!と言う方、お伝えしますよー!!

身体を整えることは、確実に妊娠やつわりをしづらくしたり

赤ちゃんの発育を促したりすることができますが

やっぱり身体の基本は食事です

 

身体の細胞は全て食事からできています

食べているものがちゃんと栄養になるものか

こんな時代だからこそきちんと考えて食べていきたいですね

 

身体をよくした方、食事を是非見直してみてくださいね!!

0 コメント

ウォーキングで身体を壊す?!

おはようございます

またまた寒くなってきましたね

今朝はとうとう暖房を入れました

でも子供に毛布をかけたら怒られました・・・

子供は寒くないんですねー

羨ましい代謝機能です

 

 

 

 

そして今日は運動のお話です

 

 

よく足腰が衰える前にウォーキングや体操が推奨されます

TVでも健康体操として色々紹介されており

ヨガなんかも一般的になってきており

生活に取り入れている方も多いかと思います

 

けれど本当に全員が、同じ体操をして、健康になっているのでしょうか?

 

 

 

「TVでやっていた体操をやってみたんだけどうまくいかなくて

返って痛くなっちゃったのよね」

 

 

「お医者さんに歩け、歩けって言われて歩いているんだけど辛くって・・・

もっと力をつけていけば痛みは取れるのかしら?」

 

 

なんてお話を伺うことがあります

 

 

でもこの2つの例、おそらくどちらも良くなりません

 

 

 

 

なぜかと言うと

 

 

痛い部分を過剰に使って、さらに痛めているからです

 

 

 

もちろん筋力の衰えが、身体のどこかの不調を招くことは事実です

なので痛くないうちに運動を始め、筋力を維持することは大切です

 

けれど痛くなっている方はすでに弱っている部分を補うために

痛い部分が過剰に使われ、悲鳴をあげている状態です

 

なので歩いても歩いても、悪い動作が繰り返されるばかりで

光は見えてきません!

 

まずは正しい形に骨格を整え

弱った部分の筋肉を補い

正しい身体の使い方をマスターしてから

ウォーキングを始めましょう!

 

ただしそれは自分では難しいです

 

お一人にお一人に合った運動のやり方

身体をどうやって整えればいいか

一緒に考えていきませんか?

 

 

11月はまだ空きがあります!

お早めにご連絡くださいね

 

 

0 コメント

骨盤ケアの必要性

おはようございます

今朝はちょっと冷えましたね

足元が冷えると全身冷えるので

暖かくしてくださいね

 

骨盤ケアって今はすっかりメジャーで

街を歩いても骨盤ケアしましょう!

みたいなチラシや看板が目につきます

 

そして通販雑誌やネットでも

骨盤ケア商品っていっぱい出てますよね

 

そんなに締めるといいの??

 

と思うかもしれません

 

そして、ただ外側からぎゅーっと締めればいいってものでもないんです

 

骨盤が本来の位置にある事=骨盤が締まってると捉えるので

現代人は開いて締まっている方がほとんど・・・

という意味なんですねー

 

なんで開いてしまったかと言うと

歩かなくなって、重い物を持たなくなり

筋力が低下しているからなんです

 

そうなると、

生理中もうまく経血が排泄できなかったり

便秘になったり

身体が冷えたり

妊娠中は赤ちゃんを保持できなかったり

出産が難産になったり

内臓が下がったり

産後に尿もれになったり

腰痛になったり・・・

 

そして2次的な症状として

免疫力が低下したり

疲れやすかったり

着床しずらかったり

膝が痛くなったり

ともういろいろな問題へ発展していきます

 

身体の軸になり、土台になる部分ですから

全身に症状が出て当然と言えば当然なんですよね

 

なので、小さいうちから、そして産後ケアと言わずいつまでも骨盤ケアは大切にしていって欲しいなーと願います

 

お一人でやられるのも素晴らしいですが

ケアが間違っていると逆に痛くなってしまったり

骨盤が開いてしまうこともありますので

是非一度ご相談くださいね!

0 コメント

筋肉痛は忘れた頃にやってくる・・・

連休明けから急に寒くなり、一気に秋になった感じですね

ガゼなどひかれていませんか?

 

気温の変化が大きいと体への負担も大きくなります

 

冷暖房を使いすぎていると、対応能力が低下していくので

外気温に合わせた生活ができるといいですね

 

私は寒がりなので、今朝も子供達を湯たんぽにして暖をとりましたが・・・

 

 

そしてタイトルのお話。

 

月曜日の体育の日が子供の運動会でした

子供達が通う保育園では親も本気の出場が必須・・・

私も夫も本気でレースに出場しました(結果は散々でしたが・・・)

 

そして年とともに筋肉痛が即出ない

 

あれ、体痛い・・・

 

なんでだろ?

 

と因果関係を忘れる頃になってやってくるくらい遅かったり

 

 

 

これは筋肉痛の種類が違うんですね

 

早く出るのは乳酸という物質が貯まって痛みとなるもので

私のは筋繊維が壊れた痛み

 

多分本気で頑張っても乳酸溜まるほどの運動ではないんだろうなぁと

ちょっと悲しくなったり・・・

 

 

こんな時は筋肉を再生してくれる良質たんぱくをしっかり摂って

早く筋肉を元に、いえいえ、元以上に変えていきましょう!

 

それでもどうにもならない時は・・・

 

 

是非サロンにいらしてくださいね

0 コメント

雨の日の身体

おはようざいます

 

今日は横浜は雨です

台風も近づいているし

寒くなってきたし

不調の方も多いのではないでしょうか?

 

雨の日や雨が降る前に体調が悪くなる方っていらっしゃいませんか?

病院でも、天気予報よりよく当たる・・・と

体調でお天気を当てていらっしゃる方がいましたが、

身体は敏感ですよね

 

これってただの偶然ではありません

 

低気圧が近づくことで、体内のヒスタミンが多く分泌され、水分量が変化することで、痛みが出てしまったり、

気温の変化で自律神経が刺激されてしまったり、またはストレスを感じて体が反応してしまって生じているのです

 

ずっとお天気でいて欲しいですが、それはそれで地球全体の大問題なので、

ここはお天気に身体を順応させるしかありません

 

少しでも改善する為には、生活リズムを整え、自律神経を整え、血流を良くすることで、お天気に負けない身体を作ることが大切です

 

それには体の歪みは大敵・・・

歪んだ身体では自律神経は交感神経、副交感神経のどちらかに傾きやすいですし、血流も滞ります

結果として不調を招き易い身体になってしまうのです

 

身体の歪みは筋肉への影響だけでなく、内臓や神経にも大きく影響しています

ちょっと腰が痛い、肩こりがする・・・では済まされない問題を秘めていることがありますので、

大きな問題になる前に、メンテナンスをしませんか?

 

 

9月30日(金)はまだ予約を受けつけております

お気軽にお問い合わせくださいね

 

 

 

✳︎ベビーサインクラスも同時募集!

10月21日体験会

11月18日スタートの本コースも是非お申込みください! 

 

 

 

0 コメント

病院では問題ないと言われたけれど

病院へ行ったけど

問題ないと言われたことってありませんか?

まぁ問題なければ一安心ではあるのですが、

 

でも痛い・・・

 

そんなことはありませんか?

 

長年病院で勤務していましたが、

私が患者さんと出会えるには、

 

まず、受診し医師に診てもらう

 

そして医師が診断名をつける

 

そして、そして、理学療法が必要と判断し、指示書を書く

 

これでやっと私と患者さんは出会うことができます。

 

もちろん、こうすることで、本来必要のない人がジム代わりに来てしまい、医療費がかさむのをコントロールしているわけではありますが、

不調であっても、診断名がつかないことには理学療法の対象外となってしまうのです。

 

結果として、「痛み止め出してきますね。湿布も痛かったら貼ってください。」

 

と言われて、1時間待って3分診療にて終了・・・。

 

 

なーんていうのはよくある話あるんです。

 

でも確かに骨には異常はなかった。

筋肉も炎症もしていない。

 

でも痛みの原因は分かってない。

 

それでは納得しませんよね。

 

それはちょっと筋肉が過剰な負担がかかって、張ってしまっていたり、

筋肉に引っ張られて関節が歪んていたりすることがあります。

 

でもそれはお医者さんの範疇ではないんです。

だからその先の治療にはならないんですよね。

 

そんな時こそ、本当の意味では理学療法が必要なんだと思っています。

この時点で身体を修正しておけば、

酷くならずに済んだのに・・・と思います。

 

なので、不調があったけど、病院で問題ないと言われてしまった方、

酷くなるまで我慢して、やっと病院で診てもらう!のではなくて、

ぜひ、今を楽しく、そしてこれからもずっと楽しく過ごすため、

Bisouにいらしてくださいね。

Bisou

「治す」前に「整える」  自分で身体をケアする力をつけるコンディショニングサロン

 

営業時間は火曜日9:00〜12:00、木曜日・金曜日 9:00〜16:00(その他の時間、曜日はご相談ください)

 

お申し込みは「お申し込み・お問い合わせ」フォームよりメールにて承っております

Bisou for women's life conditioning

横浜市青葉区 青葉台・藤が丘より徒歩10分