スリングは股関節脱臼するから危険なの?

おはようございます

女性と子供の為のコンディショニングサロン

Bisouのひらがゆかりです

 

 

 

今朝は涼しかったですね

あまりの気持ち良さに

子供たちは起きて来ず・・・

 

確かにいつまでも寝ていたい

そんな朝でした(^^)

 

 

さて、みなさんはスリングってどんなイメージがありますか?

 

一時流行りましたが、現在の主流はベビーキャリー型の抱っこ紐ですね

エルゴ、ベビービョルン、コンビなどなど、

多くのメーカーがキャリー型を売り出し

アカチャンホンポやベビーザラスでも沢山並んでいます

 

一方スリングは置いてあるものの

種類は多くなく、店頭で選ぶのはなかなか難しい印象です

 

そうなってしまった背景に

 

 スリングは股関節脱臼するから危険!

 

というニュースが出回った事ではないでしょうか?

 

でも本当にスリングは危険なのか、もう一度考えて見てほしいです

 

 

と言うのは

 

スリングは股関節脱臼するから危険!

ではなく、

スリングの横抱きは、脱臼するから危険!

 

だったんです・・・

 

 

横抱きをすることで、

股関節はママの体と布に挟まれ

足がピンと伸びた状態になりやすいです

 

そうなると股関節がまだ未熟な赤ちゃんの股関節の骨が

抜けやすい方向に誘導されてしまい

事件が起きていた・・・とう残念な結果です

 

でも、縦抱きはどうでしょう??

 

 

縦に抱く事で赤ちゃんが本来とるべき

M字型と言われる股関節の姿勢が取りやすく

背中も程よく丸くなります

 

むしろ理想の方になんですね

 

 

ベッビーキャリーで新生児を縦抱きしようとすると

インサートいれたり、

硬いストラップが顔に擦れたりと

ちょっと難しいものです

 

 

でもスリングなら縦抱きは赤ちゃんもママも心地よい位置で

抱っこする事ができるんです!

 

 

また、お母さんの骨盤にとっても

ベビーキャリーよりスリングの方がいい事があるんですよ!

それはまた後ほど(^^)

 

 

 

そんな抱っこ、おんぶの方法やスリングの使い方

赤ちゃんが心地よく、おかあさんの骨盤ケアにもなる講座を

10月12日に開催します!!

 

詳しくはこちら>>>>

 

 

 

 

 

 

産前、産後の腰痛や肩こり・腱鞘炎により思うように動けない、そんな症状や尿漏れ、生理痛、など病院では治療に至らない症状だけれど辛い・・・そんな悩みを一緒に考えていける場所です。

子育てによる疲労で骨盤ケア(骨盤矯正・骨盤調整)などがままならない日々。子供と一緒に(子連れ・赤ちゃん連れ)サロンへ行って、ちょっとゆっくりしませんか?託児はありませんが、おもちゃもありますし、プライベートケア(パーソナルレッスン)となりますので、他の方を気にせずお過ごしいただけます。

 

横浜市青葉区(東急田園都市線 青葉台・藤が丘・田奈・市が尾・江田・あざみ野)にサロンはありますが、青葉区に限らず、緑区(長津田・十日市場・中山 などの 横浜線)、都築区(グリーンライン 川和町・都築ふれあいの丘・ブルーライン センター南・センター北・中川)、あたりでしたら出張もお受けいたします。(別途交通費がかかります)子連れでのお出かけが大変な方はこちらもご利用ください。

 

また、発達に合わせたベビーマッサージやベビーサイン、そしてお子様の発達相談も承っています。健康診断では問題ないと言われたけれど気になるなぁというお子様や療育でのPT(理学療法士による訓練・治療)が終了してしまったお子様のフォローなど是非ご相談ください。簡易インソールも対応いたします。リハビリを(病院・接骨院等で)行ってしたけれど、リハビリ期限が切れてしまい、フォロー先がない方もご相談ください。