抱っこ紐、正しく使っていますか?

今日は

今日は雪ですね

11月に雪とはびっくり!

 

主人の車もまだスタットレスに履き替えておらず

今朝はちょっとドキドキしました

積もらないといいのですが

 

でも子供たちは雪がとっても嬉しいようで

朝からびしょ濡れで遊んでいました

 

今日は息子の保育園でスケートに行く日だったのですが

スケートより雪がいい!と

待ちに待ったスケートだったのに・・・

 

そして今日のタイトルのお話

 

抱っこ紐はもう出産と同時に準備する方も多い、定番アイテムになっていますよね

でも街を歩くママたちをみても

使い方、だいじょうぶかしら??

と思う方も多いです

 

また、誤った使い方で赤ちゃんが落下する事故も多発しており

最近では安全ベルト付きの抱っこ紐が販売されていたりしています

 

でも安全ベルトって本当に必要?

と私は思ってしまいます

 

なぜかと言うとそもそも使い方が正しくないので落下しているのですから

安全ベルトをつけても

結局使用せずに抱っこしてしまう方も多いのです

 

なので、それよりも、より多くの方に正しい使い方を知ってもらう活動に

力を入れたらいいのになぁとねげって止まない日々です

 

 

そして正しい使い方は赤ちゃんの落下を防ぐだけではありません

ママの身体も楽にしてくれるのです

 

と言うよりも、そのままでは腰痛はもちろん

身体の変形も引き起こしかねません

大切な時間である抱っこが、ママにも赤ちゃんにも歪みの原因になってしまっては残念です

 

 

 

抱っこ紐の紐の長さ

ベルトの位置

赤ちゃんの高さ

 

 

これらは適切でしょうか?

 

赤ちゃんを抱っこした時に、あまり下すぎるのは良くないです

赤ちゃんのおでこにチュッとできるくらいの高めの位置で抱っこしてあげてください

 

そうすることで事故も疲労感も全然違いますよ!

 

 

パパと一緒に使っていたり、兄弟で使っているのに、調節していなかったりしませんか?

 

姿勢や体型でも心地よい位置は異なります

 

是非身体に合った使い方で、赤ちゃんもママも居心地よく過ごしてくださいね

使い方や設定がわからないと言う方は、是非ご相談ください!

 

 

 

 

 

 

Bisou

「治す」前に「整える」  自分で身体をケアする力をつけるコンディショニングサロン

 

営業時間は火曜日9:00〜12:00、木曜日・金曜日 9:00〜16:00(その他の時間、曜日はご相談ください)

 

お申し込みはお申し込み・お問い合わせフォームよりメールにて承っております

Bisou for women's life conditioning

横浜市青葉区 青葉台・藤が丘より徒歩10分