ベビーサインは英才教育?

おはようございます

今朝は雨ですね

 

雨だとあちこち痛みが出る方も多いですよね

ゆったりとリラックスして

少しでも楽に過ごせますように・・・

 

今日はベビーサインのお話です

 

ベビーサインは先日もお伝えしたように

ちょっとずつ世の中に浸透してきているものの

まだまだ十分に理解していただけてはないのかなと

ネットなどの書き込みを見ていて思うこともあります

 

その一つがタイトルのお話

ベビーサインって英才教育なんですよね?ってこと

 

 

ちなみに英才教育=早期教育で

 

ウィキペディアによると・・・

早期教育は、が柔軟なうちに子供の知的好奇心を促進し、高い吸収能力や順応能力を持つ幼い間に教育を開始することで脳の活性化を高めれば、「優秀な」人間に育つという理念に基づいている。そのため脳科学発達心理学と非常に深い関係がある。早期教育によって将来の可能性を広げる、十分な基礎学力を得ることによって落ちこぼれを防ぎ子供の自尊心を高める、年齢や達成度という枠に囚われずに自由に教育を受けることができる、といった利点がある。

 

とのことです

 

 

確かにベビーサインをした赤ちゃんは語彙が豊富に成ったり

成長過程で言葉に対する理解が深かったり

自尊心を高めたりできるので

そういう意味で言えばそうなのかもしれないですが

意味合いがちょっと違っていて

落ちこぼれを防いだ結果に自尊心を守るのではなく

 

身近な人(主にパパやママ)に思いをわかってもらえ

共感がたくさん出来

一緒に喜ぶことができ

一緒に悲しむことができる

そしてそれらの積み重ねでたくさんの愛情を感じることによって

愛されているという気持ちから自己肯定感が生まれ

自尊心が得られるというもの

 

そして優秀な人間を育てる目的でなく

幸せな時を共有する為のものかなと思うと

英才教育ではないなーと思います

 

 

 

ただ、ベビーサイン育児をスタートするには

ちょっと根気が要ります

 

我が子のために沢山の愛情を注げるエネルギーがないと

起動に乗るのは少し大変です

 

でも起動に乗った時

その喜びは想像以上に素晴らしく

最初にかけた苦労なんて忘れてしまうほどです

 

その、ちょっと大変な所を助けてくれるのがお教室です

 

一人で頑張らず、一緒に楽しくベビーサイン育児を始めませんか?

 

11月からのベビーサインクラス、募集中です!